注文住宅は、仕事のスタイルに合わせて

注文住宅を建てたものです。
色々な住宅展示場を周り、慎重に話を聞いて決めました。
一番の重要視したのは、接客してくれた人がそのメーカーのデメリットも、きちんといえるかどうかでした。
ハウスメーカーさんは家を売るのがお仕事なので、どうしてもいいところばっかり言う人もいます。
物事はメリットとデメリットがセットなので、そこも覚悟して買うという気持ちに共感できる会社でないと、信用に値しない、と思ったからです。
さて、ハウスメーカーを決めてから、営業さんや建築士さんが一生懸命考えてくださるのですが、「プロだからある程度お任せしよう」と思ったのは、失敗でした。
私が重視したのは、防犯面だったので、それをお願いしたら、玄関から窓からあらゆるところに、カギを持っていない状態で入ると大きな音が鳴る仕組みになりました。
その時は、素晴らしい、と感動したのですが。
これが大失敗。
家は家族全員が日勤夜勤両方ある仕事についているため、睡眠が昼という事もしょっちゅうです。
家族の誰かが、カギを忘れた状態でちょっと外にでて帰ってくると、すごいサイレンの音でせっかく寝たのに起こされる・・・という事がしばしば。
もうちょっと防犯は控えめにすべきだった・・・と今は防犯機能をどう弱めようと頭を悩ませています

One thought on “注文住宅は、仕事のスタイルに合わせて

Comments are closed.