モデルハウス購入の利点・欠点

住宅購入におけるプロセスの中で、間取りやデザインに悩む必要がないのがモデルハウス購入の最大の利点である。現物が目の前にあるのだから自分の好みに合う物件を選べばよいのである。
また、展示のための家具や家電も丸ごと購入できるため自分で追加購入すべき品目が少なくてすむ。
住宅会社のパフォーマンスを見せるためのモデルハウスである。間取りも家具もプロにより選び抜かれたものなので、まず見劣りはしない。
加えて住宅そのものだけでなく家電等の付帯品も含めた価格を提示してもらえるので、新居で生活を始めるまでの費用の大まかなイメージがしやすくなる。
検討から購入に至るまで利点が多いモデルハウス。欠点を挙げるならば、モデルハウスはいわば既製品の住宅である。演出のために植えた庭木など、不要な物品や機能も付いてきてしまう可能性が高い。間取りだけでなく壁紙の色、コンセントの配置に至るまで自分のこだわりが強い場合には不向きな物件と言える。