部屋の収納スペースの大きさ

建売住宅の場合、すでに間取りが決められているので、中には収納スペースも決まっています。
収納スペースが多い家は、何かと物を収納しやすいので便利です。

しかし、収納ペースが多いと、それだけ物が増えてしまうというデメリットもあります。
不要なものもとりあえず収納スペースに仕舞っておこうということになると、その存在が見えなくなってしまうので、結局、何年もそのままの状態になってしまいます。

定期的に片付けを行う習慣があれば良いのですが、そうでないと、収納スペースに入る分だけ、余計な物まで仕舞い込んでしまう可能性があります。

数多くの持ち物もいつかは片付けなければなりません。
もし、自分で片付けられなくなったとしても、その変わりを誰かがやらなければいけない時がやってきます。

その時に誰かが大変な思いをしなくて済むように、必要な物だけを収納スペースに仕舞っておくという習慣をつけて行きたいものです。
そのためにも、部屋には適度な大きさの収納スペースがあればそれで十分だと思いますし、部屋の模様替えもしやすくなります。